スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
キャンティ クラッシコ
本日は私が好んで飲むワインキャンティクラシコについて少し

書きます。 少しだけ・・・

古くからキャンティを作っていた地域をキャンティクラシコと

呼ばれていましたが1996年にキャンティから独立して単独のD.O.C.G.になり

「カステッリーナ イン キャンティ」

「ラッダ イン キャンティ」「ガイオーレ イン キャンティ」

「グレーヴェ イン キャンティ」「サンカッシャーノ ヴァル ディ ペーサ」

「バルベリーノ ヴァルデルサ」「タヴァルネッレ ヴァル ディ ペーサ」

「カステルヌオーヴォ ベラルデンガ」「ポッジボンシ」の7つのコムーネ

がキャンティクラシコの指定地区となっています。どの地域も個性が分かれています

キャンティクラシコには大きく分けて3つタイプがあります。

サンジョヴェーゼの酸味を生かしたエレガントなキャンティクラシコ

サンジョヴェーゼにメルローやカベルネをプラスしてモダンで濃厚な

力強いキャンティクラシコ

もう1つは自然派 他は古きよき時代のクラシックなタイプ

難しいことはここらで終わりにして。

一番大切なのは!好きか?嫌い?かですね。

それが一番です。ワインの好みは千差万別 

お客さんの好みにはどんな高級ワインも勝てないですからね

私が好きなキャンティクラシコは ランキング発表!!!


第1位 キャンティクラシコリゼルヴァ チェッロレ (サンファビアーノカルチナイア)
win-000043a.jpg

深みもあり、そしてエレガント 全てを持ってますキャンティクラシコですね

コスパもよく素晴らしいワインです。 この生産者 サンファビアーノカルチナイアは

チェルビオーロビアンコ&チェルビオーロロッソという有名なワインを造ってます。

sfc_cervioloBEFBCAEN.jpg

チェルビオーロビアンコは飲めば本当にびっくりします。

これ1万円以上するでしょ!? ブルゴーニュ的なお味がします。

実際のお値段はびっくりします。(数千円)

当店トリッパ TRIPPAでは全てボトルですがびっくり価格で飲めます。

中野坂上で飲めるのは当店だけ!かな。。。

是非ご来店おまちしております。 お料理を合わせるなら

キャンティクラシコには、トリッパの煮込みやホルモン料理にばっちり!!

サンジョの酸味がいいーーんです

トリッペリアには是非おきたい一本です。


フィレンツェのTripperia il Magazzino 

トリッペリア イル マガジーノにもあったかな?!

では続きのランキングはまた次の回で

チャオ





スポンサーサイト
[2012/12/03 04:46 ] | ワイン | コメント(2) | トラックバック(0)
トリッパのグラスワイン
もうすっかり秋ですね。TRIPPAも開店から3ヶ月経ちました

少しづつですが、お客様も増えてきまして、嬉しい限りです。

まだまだ成長過程ですがこれからも頑張っていきます。

さて本日はグラスワインをご紹介します。


リトッコ ヴァルポリチェッラ

生産者 カンティーナ ヴァルパンティーナ

生産州 ヴェネト 

格付け ヴェネトDOC ヴァルポリチェッラ

品種 コルヴィーネ ヴェロネーゼ70% ロンディネッラ30%



リトッコ

色は輝きのあるルヴィーレッド 小さな果実の香りがします。

凝縮した果実感たっぷり加えて心地よく柔らかめの渋味

タンニンも落ち着いて嫌味がありません。

バランスがとれていて、飲みやすく優しい重口 

ほのかな樽っぽさが残る 余韻もあり、贅沢感のある濃い味わいに


当地の伝統的な製法であるリパロッソを行っています。

リパロッソとは アマローネとレチョート(影干しブドウのワイン)で使われた

ブドウの果皮をワインに加えて再発酵する


温度を高くするとなお香りがひろがり 味わいはリッチになります。







そして関係ないですが、今日は我が家の愛犬バニラの誕生日です!

暴れん坊なので看板犬になれる日はいつになるでしょう・・・・


バニラ





[2011/10/30 20:01 ] | ワイン | コメント(1) | トラックバック(0)
エリオ アルターレ バルベーラ ダルバ
トリッパ

今日のワインはエリオアルターレの バルベーラ ダルバです

私がまだイタリアワインを飲み始めたくらいに飲んだ 思い出のあるワインです。

バルベーラと聞くと少し酸味のきついワインという認識が当時はあったのですが

このワインと出会って綺麗で繊細な酸味というものを知った一本です

エリオ・アルターレとは

バローロの改革者 バローロボーイズの頂点に立つ生産者

バローロとは北イタリア ピエモンテのワイン イタリアワインの王とも呼ばれるワイン

過去のバローロは値段が高く美味しくなく売れないワインでした。

彼はブルゴーニュに旅立ちち、ある法則を見つけて帰国 改革を始めた彼に彼の父はひざまずいて

「止めてくれ」と懇願した

父とは半ば勘当の間柄になり、彼の父が亡くなった後は遺産は二人の姉のみに

譲り彼には与えられなかった

97年にようやく畑を買い戻し 素晴らしいバローロを作り続けています

当店ではボトルで6000円でお出ししております。

お料理と合わせるには綺麗な酸味がありますので当店のメニューでしたら

「カポナータとトリッパ」 「トリッパ特製のテリーヌ」  

がお勧めですが、比較的になんにでも合わせれるワインだと思いますよ



当店にはもう1つ私が大好きなバルベーラがございます 

バルベーラ・ダスティ という品種です

生産者は トリンケーロ  こちらもお勧めです!!

こちらはお値段もお手ごろで 誰でも受け止めてくれるお味です。

うん美味しい! そんなワインです。 こちらはグラスでもお出ししてますので

是非お楽しみ下さい。 


余談ですが、先日食べログに店舗登録しましたので 当店にご来店されたお客様に

正確なレビューを書いていただきたいので是非よろしくお願いします。
 

「レビュー書きました」で前菜一品サービス!

みたいなサービスはしていませんが。。。。

よろしくお願いします↓ リンクです

食べログ トリッパ
[2011/09/18 05:48 ] | ワイン | コメント(1) | トラックバック(0)
ラルコ ヴァルポリチェッラ
トリッパ
トリッパではラルコ(ルーカ・フェドリーゴ)のワインを大変リーズナブルな価格で

お客様に提供したいと思っております。


ヴァルポリチェッラとは

リパッソ”と呼ばれるヴェネト州の伝統的な醸造法を用いたワイン。

3月に通常通り醸造 されたヴァルポリチェッラに前年のアマローネを
絞った果実を漬け込み、8~15日間低温 発酵。

(リパッソ方式)オーク樽で2年間熟成の後、瓶熟成6ヶ月を経て
蔵出しされる甘い 香りを感じるワインです




ラルコとは・・・








このワイナリーの名前は、『ユピテルの拱門』と呼ばれる石でできた
アーチに由来する。

『ユピテルの拱門』は、ネグラールへ向かう道からよく見える。
数年前まで、フェドリーゴ一家はその拱門の近所に住んでいた。
『ユピテルの拱門』は、その起源を16~17世紀にまでさかのぼり、
サン・ヴィート・ディ・ネグラールにある丘陵に沿ってそびえる
7つの拱門のひとつである。

ルーカ・フェドリーゴにとってこの拱門は、過去の記憶を呼び起こさせる
ものであり、その記憶こそ、ルーカがワインの中に表現したいと願うものだ。


ルーカは、ヴァルポリチェッラの高名なワイナリー(クインタレッリ)で
何年も働いており、多大な経験を得た。
アズィエンダはまだ設立から数年ではあるが、過去を尊重した、
積極的かつ礎のしっかりとしたワイナリーである。
ヴァルポリチェッラのワインが受け継いできた伝統を、そのままに
継承しながら、ヴァルポリチェッラらしいワインを生み出すことに
細心の注意を払っている。

 ルーカ・フェドリーゴは、ブラジル、アルゼンチンおよびトスカーナで
ワインをつくるルイーズ・アルベルト・バリケッロとの信頼関係を
築き上げ、設立当初からワイナリーをともに運営するにいたった。
ふたりは2001年に、2種類の重要なIGTワインを生み出した。
それが、ヨーロッパ圏内だけでなく北米や南米でも非常に評価の高い、
《ルベオ》と《パリオ》である。
この2つのワインには、「アマローネのブドウ」と呼ばれる
ロンディネッラ、コルヴィーナ、モリナーラとは異なった品種も用い、
個性的な品種構成をとる。

インポーター ラシーヌさんより



私が「トリッパ」をOPENすると決めた時、このワイン

ラルコの美味しいワインをたくさんの人に

飲んでもらいたい、このワインと美味しい料理でお客様に笑顔になってもらいたいと思いOPENしました。 

当店ではラルコ・ヴァルポリチェッラをボトルで5000円 グラスで1杯1000円でお出ししております。

ラルコ・ロッソデルヴェロネーゼをボトルで4500円 グラスで900円でお出ししております。

また本日 

ロッソ・デル・ヴェロネーゼ・パリオ   

ロッソ・デル・ヴェロネーゼルーベオ

ラルコ アマローネ・デッラ・ヴァルボリチェッラ・クラシコ
 
も入荷いたしました。これで2005ラルコ全種類揃いました。

値段は検討中です

今後もよろしくお願いします
[2011/08/24 01:59 ] | ワイン | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。