スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
雑誌掲載
三栄書房さんの創刊25周年のスパーカー専門の雑誌

「GENROQ」に

当店TRIPPAはスパーカーではないですが、

レストランの紹介記事で掲載させていただきました。

単独で一ページの掲載です。ありがたいです

しかし、この雑誌・・・・・・・・・・・

富裕層の方の専門雑誌ですね。

フェラーリ やら ポルシェやら 見たことない車 やら 高級時計やら

700万~3000万の価格帯の車が掲載されております。

まさに当店 TRIPPAにぴったりな雑誌です。??

バックナンパーにはブルガリのイタリアンやら

神楽坂の有名店やら・名店ばかりです

あれ・・・うちの平均単価はワインも入れて4千円~5千円ですが。。。

ということで当店はお安いお値段で超一流のお料理をお出ししている

お店ということでよろしいでしょう!!

(sousiteoitekudasai)

掲載記事の明細は後日ブログで紹介します




ゲンロク



そういえばもう12月ですね。 クリスマスメニューをご予約受付しております。

期間は12月1日~12月25日 (日曜定休日です)


プリフィックスコースで2990円で ご予約お待ちしております。

全15種類から アンティパスト1品 プリモピアット1品 

セコンドピアット1品 ドルチェ1品 をお選びになっていただきます。

+スパークリングワイン1杯サービスさせていただきます。


メニューはご来店時にご覧になれます。

クリスマスなので特別なお料理もお出しします。

それではご予約お待ちしております。ちなみに当店はカウンターのみの

ピッコロなお店です。ご了承下さい。


TRIPPERIA TRIPPA
トリッペリア トリッパ

TEL
03-3320-4227


スポンサーサイト
[2012/11/29 03:26 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
トリッパのインテリア
当店TRIPPA トリッパにはデザイナーズのインテリア家具がいくつがあります。

自分が、かなりのインテリアマニアだったので自然とお店もそうなりました・・

イタリアの感じがないから「ヴェネチアンマスク」とか

「イタリアの地図とか飾れば?」と色々お客様にご忠告をいただきましたが

聞かなかったことにしてきました。。。

元々 居酒屋さんの居抜きの店舗なので正直 塗装をしたくらいで何も手を加えていません

自宅にあったデザイナー家具やファブリックを持ち込みなんとかお洒落に仕上げました。

ウーテンシロという不可思議な名前の壁掛け収納は当店でも

活躍しているデザイン家具です。ウーテンシロについてはまた今度ということで


今日はトリッパのお店の外でお客様をお待ちしている椅子

「チューリップチェア」についてお話します。





チューリップチェア


はいこれです。どうです??

私は当時、一目惚れしました。このシルエット 美しい!!

この白と赤のバランスといい 一本脚のかよわい脚

そう ワイングラスのようですね。

イタリアンではビーチェ東京にこれの肘掛のあるタイプが

全ての椅子に使われていますね。

ですが、あっち(肘掛付き)は美しくないと個人的には思います。

デザイナーはEero Saarinen(エーロ・サーリネン)

ん?変な名前ですね、エーロ エロ ・・・ まぁスルーして下さい。

彼はフィンランド人 セントルイス、ゲートウェイ・アーチ

TWAターミナル(第五ターミナル)、JFK空港

をデザインしています。他にも多数のデザインをしていますが、

家具では40点がニューヨーク近代美術館に展示されています。

彼のデザインは現代でもいまだに新しく、斬新で何処か懐かしい

素晴らしいデザインです。

お店をいつか移転 拡張することが出来ましたら

全て エーロサーリネンの家具になる予定です

今回は料理でもなんでもないテーマだったのでごめんなさい。





ところでお知らせです。

明日11月19日(月曜日)はケータリングサービスのため

ディナー営業はお休みいたします。ご迷惑をおかけします。

上のお隣のルーマニア料理のお店が大使館でお料理をふるまったそうです。

うちもイタリア大使館に・・・・・・・ケータリングに。。

そんなことになったらいいですねー

では チャオ チャオ 

[2012/11/19 01:06 ] | インテリア | コメント(1) | トラックバック(0)
トスカーナ料理3
本日は3週続けてお料理の紹介です。

今回は冬のイメージの強いトスカーナの郷土料理です。

レバーを使ったお料理のご紹介です。

フェガッテッリ アッラ フィオレンティーナ  
(Fegatelli alla fiorentina)

フェガッテッリとは豚のレバー ローリエをアミアブラで巻いて

火を入れて食べる料理のことです。

さらにフィレンツェ風はフィノッキオ(フェンネル)を入れます

美味しく作る条件は!

新鮮なレバーとアミアブラと(愛情)入れることです。

当店のレバーは新鮮なので生でも食べれますが

しっかり火を通してお出ししてます。レアも出来ますのでお伝え下さい。



レバー

美味しいそうでしょ? もう最高ですよ

ローリエの魅惑の甘い香りに口に入れた時のインパクトと旨味 

ブッチンという新鮮なレバーのみにある歯ごたえ 幸せです。

スモークしたフルール・ド・セルをのせたり

トリュフをのせたり、栗のはちみつをのせたりしても

なお幸せになれるお料理です。

合わせるワインはもちろん赤ワインですが、少し贅沢なお味なので

トスカーナのワインのサンジョヴェーゼ100%のワイン

カルボイオーネ

ちょっと贅沢すぎますが、イルカルボナイオーネで!

凝縮感が凄いありますが、ぶどう本来の味を失っていない

サンジョヴェーゼの樹齢70年の古木で作る

ヴィットリオ・フィオーレの名品です

あるソムリエ(イケメンだけどワインの変態)さんいわく

「シェフのレバーにはとろっと熟成したモスカートダスティも合う」

そうなので今度試してみます。ワインはまだまだ未熟者なので

勉強していかないといけませんね


それではまた チャオ!

そういえば来月号の雑誌に単独1ページで載せていただけるみたいです。

雑誌の名前は・・・・・ また次回


[2012/11/12 00:26 ] | 料理 | コメント(0) | トラックバック(0)
トスカーナ料理2
今日はトリッパの人気メニュー

フィレンツェの名物料理

Lampredotto ランプレドット を紹介します。

ランプレドット

なにやらマニアックな名前ですね ランプレドットをイタリア辞書で調べ上げると

はい そうですみなさんもお解りですね。「あれです」答え合わせは後ほど

ということでランプレドットはフィレンツェの人々のソウルフードです。

ランプレドット(Lampredotto)はトスカーナで使われる言葉です

通常はabomaso アボマーゾといいます。

牛の第4胃(ギャラ)をお野菜とトマトと煮込み

(北部の地方ではせんまい第3の胃を使うことも)

サルサヴェルデ(グリーンのソース)

とペペロンオイル(辛いオイル)をつけてイタリアはトスカーナの塩が

入っていない、素朴なパンにランプレドットと汁とソースをお好みでつけて

いただきます。ちなみに上記の食べ方はレストランやお店での食べ方です。

フィレンツェにはトリッパイオという屋台のおっさんがいらっしゃいます。

日本でもみかけるケバブとか・・そんな屋台です。

そのおじさんがロゼッタというバラのような丸い形のパンを半分にきこきこ切り

汁につけてその場で煮込んだランプレドットを切り好みでソースをつけて

売ってくれます。イタリアの若い女性にはカロリー爆弾と言われ

肩身の狭い思いをしております。実際はそんなこともないです。

当店「TRIPPA」のランプレドットは朝引きのおそらく

日本一新鮮な和牛の第4胃を使い

玉葱 セロリ にんにく 胡椒 にんじん 塩(にんじんは40分煮たら取り除きます)

フレッシュローリエ、そして隠し味にペコリーノピエンツァの皮を入れ 

最低5時間は煮込みます。にんじんは色がつくのですぐに取り出します。

汁は全てそのまま使うと癖が強すぎるのでお客様のお飲みになっているワインとの相性を考えて

その場でブロードやスーゴで味の調節をおこなっております

一度食べたら本当に忘れられない味ですのでご賞味下さい。

値段は税込みでなんと!!

¥990です。 赤字です。 是非 食べてください。

「ブログ見ました!」で989円にてご提供します 


最後になりますがクリスマス限定メニューを今年もご提供しますので

是非ご予約お待ちしております。 お一人様¥2990でプリフィクス形式で予定しております。

後日お知らせいたします。   



































ところで「あれ」の正体は・・・・・  八目うなぎです

八目ウナギににている(ウナギのうにょうにょしたところが)

からランプレドットと呼ばれるとか・・ イタリア人ぽっい考えで素晴らしい!



また来週くらい・・・チャオ!!



[2012/11/04 23:53 ] | 料理 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。